コロナワクチン 挙児希望女性

提供: Vaccipedia ワクチペディア | プライマリケアのためのワクチンリソース
ナビゲーションに移動 検索に移動
新型コロナワクチン総目次
総論
コロナワクチン_開発と承認の状況
コロナワクチン_ワクチンの製法
コロナワクチン_ウイルス遺伝子の接種に理論的危険性はない
コロナワクチン_抗体依存性感染増強(ADE)について
コロナワクチン_社会的配慮について
コロナワクチン_リンク集
治験+承認後研究
コロナワクチン_ワクチンの効果 Vaccine Efficacy とは
コロナワクチン_mRNAワクチン-治験
コロナワクチン_mRNAワクチン-承認後研究
コロナワクチン_mRNAワクチン-アナフィラキシー
コロナワクチン_ウイルスベクターワクチン-治験
コロナワクチン_ウイルスベクターワクチン-承認後研究
コロナワクチン_今わかっていること,まだわからないこと
接種の実際
コロナワクチン_日本の法令上の根拠
コロナワクチン_日本での接種体制
コロナワクチン_三角筋への筋注手技
コロナワクチン_人口集団別の接種可否の考え方
コロナワクチン_高齢者
コロナワクチン_妊婦
コロナワクチン_挙児希望女性
コロナワクチン_授乳婦および授乳児
コロナワクチン_小児
コロナワクチン_アナフィラキシー既往
コロナワクチン_免疫低下状態・悪性腫瘍患者
コロナワクチン_出血傾向患者
コロナワクチン_新型コロナ既感染者
コロナワクチン_接種スケジュールの遵守
コロナワクチン_異なるワクチン製剤間の互換性
コロナワクチン_他のワクチンとの接種間隔

更新履歴

日付 更新内容
2021年2月16日 一般公開

挙児希望女性では接種から妊娠までの期間の検討が必要

本項では妊娠挙児希望がある(妊娠前の)女性について論じます.妊娠中の女性については妊婦の項を参照してください

挙児希望女性で検討すべきは,

  • 妊活中の場合に,接種から次の妊活までは一定期間を空けた方がいいのか?
  • 体内にワクチン成分が残っている間や免疫反応が起きている最中に妊娠すると,妊娠経過や胎児に影響が出るのか?
  • 妊娠初期の流産や先天異常が紛れ込みとして発生するリスクを承知しているか?

という点です.

たとえば接種数日以内の妊活で妊娠が成立したとしたら,それは「妊娠中の接種」と殆ど同義になります.

妊娠中であっても接種を選択するような状況の女性であれば,妊娠前接種から妊娠までの間隔も同じ選択によって「気にしない」こともできるかもしれません.

一方で,妊娠初期は自然流産率が特に高いことがわかっています.
接種から妊娠までの日数が短かった場合に不幸にして流産すると「ワクチン接種が原因かもしれない」と心理的には結び付けてしまいがちです.接種から妊娠までの間隔を考慮する際は,そうした心理的負担まで先回りして検討する必要があります.

また,妊娠中であれば接種を選択しないような状況の女性であれば,妊娠前接種から妊娠までの間隔は「充分」空けた方が,心理的な面も含めて無難と思われます.
しかし「充分」の具体的日数は,3ワクチンについて科学的根拠をもって示すことができません.唯一,下記のとおりカナダが示している「28日以上」が,参考になる程度です.

後述のとおり,米国では「mRNAワクチンについては,接種から妊娠までの期間は何ら空ける必要がない」という指針である一方で,カナダでは「科学的根拠はないが念のため接種から妊娠は28日以上空けた方が無難かもしれない」としています.ワクチンの一般論として,接種から一連の免疫応答が完了するまで概ね4週間であることが免疫学的にわかっています.カナダの「28日以上空けるのが無難」の背景はそこにあるのかもしれません.

ウイルス遺伝子の接種は子孫に影響はない

3ワクチンともmRNAまたはベクターによってコロナウイルスの遺伝子を接種するため,「ウイルスの遺伝子が自分の遺伝子に悪影響を残したらどうしよう,特にそれが将来の子どもや孫に自分から遺伝したらどうしよう」という漠然とした不安を抱く方が多いようです.

それについてはこちらのまとめ「ウイルス遺伝子の接種に理論的な危険性はない」を参照してください
まったくの杞憂です.ご安心ください.

妊娠挙児希望男女:日本での指針

厚生労働省は2021年1月31日現在,「新型コロナワクチンのお知らせ」において,「妊婦を優先するかどうか(中略)は、安全性や有効性の情報などを見ながら検討されます」と言及しているのみで,妊娠挙児希望がある場合に接種後の間隔をどうすべきかには言及してません.

2021年1月25日付の日本産婦人科感染症学会の声明では,

日本産婦人科感染症学会|COVID-19ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する方へ(令和3年1月25日)
  1. 妊婦のパートナーは、家庭での感染を防ぐために、ワクチン接種を考慮する。
  2. 妊娠を希望される女性は、可能であれば妊娠する前に接種を受けるようにする。(生ワクチンではないので、接種後長期の避妊は必要ない。)

としています.

すなわち,妊娠挙児希望のある女性には「妊娠する前」の接種を勧める一方で,接種後の間隔については「長期の避妊は必要ない」という曖昧な表現に留まっています.

また,「妊婦のパートナー男性」には,妊婦を含む家庭内感染を防ぐ観点からワクチン接種を考慮するように言及しています.
これを拡大解釈すれば,「妊娠挙児希望のある女性のパートナー男性」にも同じくワクチン接種を考慮するよう言及していることになります.

妊娠挙児希望男女:各国での指針

以下に各国政府等の指針をまとめます.

米国 COVIDワクチン接種前に妊娠検査をすることは推奨しない.mRNAワクチン接種後に妊娠を試みる場合は,特に間隔を空ける必要はない
英国 妊娠挙児希望と接種に関する言及なし
カナダ 接種完了から妊娠までの間隔について現時点でエビデンスはない.科学的根拠はないが,mRNAワクチン2回目接種から妊娠までは28日以上空けるのが無難かもしれない.妊娠終了後であればmRNAワクチンはいつ接種してもよい
オーストラリア 妊娠挙児希望と接種に関する言及なし
シンガポール 妊娠挙児希望と接種に関する言及なし
ノルウェー 妊娠挙児希望と接種に関する言及なし
スウェーデン 妊娠挙児希望と接種に関する言及なし
イスラエル 妊娠挙児希望のある女性への接種は可能※妊婦への接種の詳細な声明はヘブライ語のみ提供

目次に戻る