コロナワクチン 授乳婦および授乳児

提供: Vaccipedia ワクチペディア | プライマリケアのためのワクチンリソース
ナビゲーションに移動 検索に移動
新型コロナワクチン総目次
総論
コロナワクチン_開発と承認の状況
コロナワクチン_ワクチンの製法
コロナワクチン_ウイルス遺伝子の接種に理論的危険性はない
コロナワクチン_抗体依存性感染増強(ADE)について
コロナワクチン_社会的配慮について
コロナワクチン_リンク集
治験+承認後研究
コロナワクチン_ワクチンの効果 Vaccine Efficacy とは
コロナワクチン_mRNAワクチン-治験
コロナワクチン_mRNAワクチン-承認後研究
コロナワクチン_mRNAワクチン-アナフィラキシー
コロナワクチン_ウイルスベクターワクチン-治験
コロナワクチン_ウイルスベクターワクチン-承認後研究
コロナワクチン_今わかっていること,まだわからないこと
接種の実際
コロナワクチン_日本の法令上の根拠
コロナワクチン_日本での接種体制
コロナワクチン_三角筋への筋注手技
コロナワクチン_人口集団別の接種可否の考え方
コロナワクチン_高齢者
コロナワクチン_妊婦
コロナワクチン_挙児希望女性
コロナワクチン_授乳婦および授乳児
コロナワクチン_小児
コロナワクチン_アナフィラキシー既往
コロナワクチン_免疫低下状態・悪性腫瘍患者
コロナワクチン_出血傾向患者
コロナワクチン_新型コロナ既感染者
コロナワクチン_接種スケジュールの遵守
コロナワクチン_異なるワクチン製剤間の互換性
コロナワクチン_他のワクチンとの接種間隔

更新履歴

日付 更新内容
2021年2月16日 一般公開

授乳婦および授乳児への影響は理論的に考えにくい

授乳については,妊娠よりは検討事項が少ないと言えるでしょう.

一般論として,非生ワクチンは授乳婦に安全に接種できます.非生ワクチンで体内を循環するのは病原体の抗原のみであり,仮に乳汁中に分泌されたとしても乳児に理論的な影響はありません.

参考までに,生ワクチンのうちで黄熱ワクチンは授乳婦には禁忌とされています.世界で3例のみではありますが,授乳婦に黄熱ワクチンを接種した後で授乳された新生児がウイルス性脳炎を起こし,脊髄液からワクチン株ウイルスが検出されたという報告があります.しかし非生ワクチンではこのようなことは理論的にあり得ません.

そのため,少なくともmRNAワクチンは授乳婦で禁忌とする理由はないでしょう.

ウイルスベクターワクチンについては,AstraZenecaワクチンに含まれるベクターウイルスは増殖能を欠失させてあるため,有意に乳汁分泌されるほど体内を大量に循環するとは考えにくいです.また,仮に乳汁分泌されて乳児の口に入ったとしても,そもそもチンパンジーアデノウイルスはヒトに病原性を持たないため,理論的には問題ないことになります.

しかしいずれのワクチンも,授乳婦に接種した場合の乳児の安全性を治験で検証したわけではありません.乳児または授乳婦における未知の有害事象が今後報告される可能性は否定できません.

これらを踏まえると,授乳婦のCOVID感染リスクや重症化リスクが高い場合に,接種の利益が未知の有害事象のリスクを上回ると判断するならば,充分な説明の下に決断することが必要でしょう.説明においては,乳児が何らかの疾病状態になった場合に「授乳婦が接種を受けたことが原因だ」と心理的に結び付けてしまう可能性も共有すべきでしょう.

2021年2月8日付でJAMA誌に,妊婦および授乳婦へのCOVIDワクチン接種を論じた意見が投稿されました.
基本的に本ページと同様のスタンスで論じています.ご参照ください.

Adhikari EH, Spong CY. COVID-19 Vaccination in Pregnant and Lactating Women. JAMA. February 2021. doi:10.1001/jama.2021.1658

授乳婦:日本での指針

厚生労働省は2021年1月31日現在,授乳婦への接種について何ら指針を示していません.

サイト管理者が検索した範囲では,授乳婦への接種について声明を出している学会等もありません.

授乳婦:承認済みワクチンの添付文書記載

開発元 日本での製品名 添付文書の記載
Pfizer コミナティ筋注 9.6 授乳婦
予防接種上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること。ヒト母乳中への移行は不明である。

授乳婦:各国での指針

以下に各国政府等の指針をまとめます.

米国 mRNAワクチンが授乳婦および乳児に与える影響に関するデータはない.mRNAワクチンは乳児へのリスクになるとは考えられない.接種優先対象の授乳婦は接種を選択してもよい
英国 非生ワクチンの授乳婦への接種について既知のリスクはない.授乳婦に接種してもよい.授乳が乳児の発達と健康にもたらす利益および授乳婦のCOVIDワクチン接種の必要性を充分考慮すると共に,授乳婦と乳児への安全性は検証されていないことも説明すべきである(PDF13ページ)
カナダ 授乳婦のリスクアセスメントの結果,接種による利益が未知の有害事象のリスクを上回ると判断した場合は,効果と安全性は検証されていないことも含めた充分なインフォームドコンセントの下で接種してもよい
オーストラリア 授乳婦へのPfizerワクチンの接種について専門家グループが検討中であり,近日中に発表する予定(2021年2月2日閲覧時点)
シンガポール 授乳婦は接種してもよいが,接種後5-7日間は授乳を中断すること
ノルウェー 授乳婦への接種について言及なし
スウェーデン 授乳婦への接種について言及なし
イスラエル 授乳婦への接種について言及なし


目次に戻る